【入園式・入学式】おしゃれに決めるパパ用スーツの選び方とおすすめコーデ16選

【入園式・入学式】おしゃれに決めるパパ用スーツの選び方とおすすめコーデ16選


入園式・入学式に参加するパパが着るスーツは、ビジネススーツで構いません。しかし、最低限知っておきたいマナーはあります。この記事では、パパが着るスーツの選び方とマナー、コーデ例を紹介します。自分にあうコーデを参考に、おしゃれで素敵なパパに変身しましょう。

INDEX

※掲載している商品のなかには、販売終了によりご購入いただけない場合がございます。予めご了承ください。

入園式・入学式|パパが着るスーツの選び方

入学式のパパコーデ

カラー/柄

スーツには礼服やビジネススーツなどの種類がありますが、入園式・入学式に参加する際は普段のビジネススーツで問題ありません。しかし、ビジネスコーデと全く同じでは地味で堅い印象になりやすく、ハレの場では浮いてしまうことがあります。解決策として、カラーや柄で華やかさをプラスすると良いでしょう。

ただし、あくまで主役は子どもであることを忘れずに。基本はダークカラー(ネイビー・グレー・ブラックなど)を選びます。柄も基本的に無地が好ましいですが、ラインの細いストライプやシャドーストライプならセレモニー向きです。光の当たり具合で見え方が変化するので、さりげなくおしゃれに見えます。

サイズ感

スーツを着用する上で最も重要なのがサイズ感です。身体にぴったりなサイズのスーツを着るだけで、美しいスタイルが完成すると言っても過言ではありません。普段スーツを着ない人は、体型が変わっていることもあるでしょう。手持ちのスーツが今の自分にフィットしないようなら、新調するのもおすすめです。

■ジャケット
肩先が自分の肩幅をオーバーせず、着丈はお尻がギリギリ隠れる丈が基本です。背中側の襟下や、ボタンを留めた際に強いシワがつくほどタイトなものは避けましょう。

■パンツ
太ももにはひとつまみほどの余裕を持つと動きやすく、見た目もきれいです。靴にギリギリ当たらない丈だと、すっきりとした印象で着られます。

■ベスト
短い着丈は脚長効果がありますが、パンツとの間にシャツが見えてしまうと格好悪くなってしまうので要注意。サイズはルーズにならないようにしましょう。
スーツを着た男性

プレススタッフが解説!

あくまで入園式・入学式の主役は子ども。冠婚葬祭に対応できる、シンプルかつベーシックなカラーのスーツがおすすめです。「ここぞ」のシーンには、肩パッドや毛芯など副資材を備えた仕立ての良い本格派のスリーピースを。ハレの日のVゾーンは明るく華やかにいきましょう。サックスブルーやホワイトのシャツにシンプルな柄のネクタイを。目立ちすぎず、ほどよく華やかなコーデがポイントです。

green label relaxing PR担当

入園式・入学式|スーツにあわせるアイテムの選び方

シャツ

シャツは清潔感や誠実さのある白の無地か薄いブルーがおすすめです。柄を入れたい場合は、シャドー系で目立たないものをセレクトして。ストライプなどの柄は、近づかなければ分からない程度のものを選ぶと良いでしょう。襟はボタンダウンを避け、レギュラーカラーやワイドカラーを選びます。

ネクタイ

ネクタイは無地が無難です。柄であれば、派手に見えず主張の激しくないドット柄やレジメンタルが良いでしょう。
白や黒はハレの場である入園・入学式には適しません。白は教師が身につける色とされ、黒は葬式を彷彿とさせるからです。シルバーは正式な式典のカラーとされていますが、少々フォーマル感が強くなってしまうこともあるので、ネイビーやボルドーが基本です。もしくはスーツと同系色にするとすっきりとまとまります。

靴/靴下

革靴であればなんでもOKというわけではありません。入学式や入園式には、冠婚葬祭でも使用できる「内羽根式ストレートチップ」がおすすめです。靴先が尖ったデザインは避け、事前にしっかりケアをしておくと良いでしょう。
また、靴下は無地の黒やネイビーなどのダークカラーが基本です。着席した際に素肌が見えない丈が適しています。

ベルト/カフスボタン

小物選びにもポイントがあります。ベルトは靴とカラーをあわせるのがマナーです。フォーマルな場であることを踏まえ、シンプルな革ベルトを選びましょう。その他、カフスボタンを使用すると手元に高級感と華やかさがプラスされます。

プレススタッフはこう着こなす!

入園式・入学式の主役は子どもなので、ベーシックなスーツがおすすめです。周りと差をつけるには胸ポケットに「ポケットチーフ」を入れて、さりげないおしゃれをプラスしましょう。落ち着いた印象のスーツを、明るく華やかにしてくれます。

green label relaxing PR担当

入園式・入学式におすすめのパパコーデ

ネイビースーツのオーソドックスなスタイル

ネイビーのスーツ×レジメンタルのネクタイのコーデ
ネイビースーツ×レジメンタルネクタイのオーソドックスなコーデ。ストライプシャツを取り入れることで、華やかな印象に。内羽根式のドレスシューズを取り入れ、フォーマル感をきちんと演出しています。

落ち着き感のあるネイビースーツコーデ

ネイビースーツ×ボルドーネクタイのオーソドックスなスタイル
ネイビーカラーのスーツに、ブラウンのネクタイをあわせた落ち着き感のあるコーデ。ポケットチーフを活用すれば、セレモニーコーデにもふさわしいスタイルに仕上がります。

ダークグレースーツ×ストライプシャツのフォーマルスタイル

グレースーツ×ストライプシャツの男性
ダークグレーのスーツが落ち着いた印象を与えるフォーマルスタイルです。ストライプシャツとブラウンのタイで華やかさもプラスしました。内羽根×ストレートチップの レザーシューズで上品な印象に。

ネイビースーツを華やかに着こなしたコーデ

ネイビースーツのセレモニーコーデ
ネイビーカラーのスーツにペイズリー柄のネクタイをあわせて華やかさをプラス。ネクタイの柄を拾って、ライラックカラーのシャツを選んでいるのもポイントです。

ストライプ柄グレースーツを正統派に

ストライプ柄のミドルグレースーツを着こなす男性
ストライプ柄のミディアムグレースーツを正統派に着こなしたコーデ。ネクタイはモダンな柄入りのネイビーをあわせました。スタイリッシュな黒のドレスシューズでコーデを引き締めています。

ネクタイでアクセントをプラス

ダークグレースーツ×レジメンタルのネクタイのコーデ
ダークグレーのスーツに明るいカラーのレジメンタルのネクタイがほどよいアクセントに。ネクタイの色を拾って、ブラウンのベルトとドレスシューズを選びました。

さりげないストライプ柄で華やかに

ストライプ柄のネイビースーツを着こなした男性
薄いストライプ柄が入ったネイビーのスーツでさりげなく華やかさを演出。小紋柄のネクタイを選び知的な印象もプラスしました。黒のドレスシューズがコーデを引き締めています。

グレースーツの気品あるスタイル

ミドルグレーのスーツ×ベージュのネクタイのコーデ
細かい千鳥格子のグレースーツは、明るめのネクタイと相性抜群。ベストをあわせれば、気品のあるフォーマルスタイルの完成です。

ダークグレースーツの大人上品なスタイル

ダークグレーのスーツ×ワインカラーのネクタイのコーデ
ダークグレーのスーツにワインレッドのネクタイをあわせたフォーマルコーデ。落ち着いたカラーでまとめ、上品な印象を与えるスタイルに仕上げています。

ネクタイのカラーで春らしさを演出

ネイビースーツ×明るいネクタイのコーデ
やや光沢とシャリ感のあるネイビーのスーツは、フォーマルなシーンに活躍。シルクをベースにしたイエローとグレーのレジメンタルネクタイが、春らしく華やかな印象に見せてくれます。

ブラックスーツの大人上品なスタイル

ブラックスーツの上品なスタイル
スーツ×ベストのブラックの上品な3ピーススタイル。フラワーモチーフとドットが散りばめられた小紋柄デザインのネクタイで、Vゾーンに華やかさをプラスしました。

ミディアムグレースーツのモダンスタイル

ブラックスーツ×ストライプ柄のネクタイのコーデ
明るめのグレースーツも、晴れやかなセレモニーシーンにおすすめ。ライトグレーのシャツとプリントタイで華やかでモダンなスタイルに仕上げました。

小物で晴れやかさをプラス

ネイビースーツ×ターコイズブルーのネクタイのコーデ
ネイビースーツにターコイズブルーのネクタイをあわせて晴れやかさを演出。ネクタイと同系色のポケットチーフで統一感を出しています。

品格のあるネイビーのスーツコーデ

ネイビースーツのコーデを着こなす男性
上品な光沢感があるネイビースーツは、大人の品格を漂わせるスタイルに仕上がります。明るい色のレジメンタルネクタイをあわせると、華やかなセレモニーコーデに。

ロイヤルブルーが上品なスーツコーデ

ネイビーのスーツを着た男性
上品な印象を与える、ロイヤルブルーのスーツを使ったコーデ。ビジネスシーンでも使えるホワイトカラーのシャツに、ドット柄ネクタイの組みあわせがおしゃれで軽やかです。

防寒対策にはステンカラーコートもおすすめ

ミドルグレーのスーツ×ペイズリー柄のネクタイのコーデ
上品なチェック柄のグレースーツにステンカラーコートを羽織りました。スーツと同じグレーが入っているペイズリー柄のネクタイをあわせると、統一感と華やかさがプラスされます。

パパもおしゃれなスーツコーデで入園式・入学式を迎えよう

入園式や入学式のスーツは、カラーや柄、小物などにもこだわって、ハレの日にふさわしい華やかさをプラスしましょう。主役の子どもを引き立てつつ、おしゃれな印象を演出できるようなコーデを考えてみてください。
UAコラム「読みもの」編集部

UAコラム「読みもの」編集部

ユナイテッドアローズが運営する、ファッションやライフスタイルにまつわる情報を発信していくオンラインメディア「UAコラム」。
毎日のスタイリングやお買い物に役立つアイデアをご紹介しています。

95 件