10月の服装選びのポイントは?上旬・中旬・下旬のおすすめコーデ15選

10月の服装選びのポイントは?上旬・中旬・下旬のおすすめコーデ15選


秋の気配を感じ始める10月。日中は快適に過ごせても朝晩は冷え込むこともあるため、服装は長袖やアウターなど肌寒さに対応できるアイテムを選ぶのがポイント。この記事では、10月の気候や服装選びのポイントの他、上旬・中旬・下旬それぞれのおすすめコーデ例を紹介します。

INDEX

※掲載している商品のなかには、販売終了によりご購入いただけない場合がございます。予めご了承ください。

10月の平均気温と気候

ニットカーディガンを使ったコーデ
10月の平均気温は最高気温が22度前後、最低気温が15度前後です。1日のうちの気温差は9月よりも大きく、朝晩は肌寒さを感じることも多いため、寒暖差を意識した服装選びが大切です。以下の表は、気象庁が発表した東京の10月の気温平年値です。
平均気温 日中の最高気温 日中の最低気温
上旬 19.8度 23.7度 16.7度
中旬 18.1度 22.1度 15.0度
下旬 16.2度 20.4度 12.8度
※出典:気象庁 過去の気象データ 東京 平年値(旬ごとの値)

10月を快適に過ごす服選びのポイント

10月と一口に言っても、上旬か下旬かで気候は異なります。夏を終えて、秋らしい肌寒さを感じる日も増えてくるでしょう。上旬・中旬・下旬の時期ごとに服装選びのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※文中の気温は東京都のデータを参照しています。

【上旬】薄手のアイテムをレイヤード

カーディガンを着た女性
シャツを着た女性
10月上旬は最高気温が24度前後まで上がる日も。日中は少し汗ばんだとしても、半袖やノースリーブといった夏のアイテム1枚だけだと季節感のない印象に。薄手の長袖カーディガンやシャツをレイヤードして、温度調節をしつつ秋らしさを演出するのがおすすめです。

【中旬】厚手の長袖やライトアウターで寒さ対策を

ニットを着た女性
ジャケットを着た女性
10月中旬になると残暑はほとんどなくなります。最低気温が15度前後と肌寒さを感じる日も多くなるでしょう。本格的な厚手のコートはまだ早いですが、寒暖差に備えた服装選びがポイントです。スウェットやニットといった厚手のトップスや、ジャケットやカーディガンなどのライトアウターを取り入れるのがおすすめです。

【下旬】ウール/フェイクレザーなどの秋らしい素材を取り入れて

リバーコートを着た女性
ボアジャケットを着た女性
10月下旬は最低気温が13度前後と、いよいよ本格的に秋らしい気候になります。朝晩は冷え込みやすいため、防寒用のアウターを用意しておくと安心。ウールやフェイクレザー、ボアといった厚手の素材を取り入れると、秋冬の季節感を演出しながら寒さ対策ができます。

10月上旬におすすめの服装

まだ暑い日もある10月上旬は、シアーな質感の羽織りや、1枚で着映えするブラウスといった薄手のアイテムをメインに使うのがおすすめです。

シアーカーディガン×カーゴパンツ

シアーカーディガンとカーゴパンツのコーデ
透け感のあるシアーカーディガンをブラウスのように着こなしたコーデ。メンズライクなカーゴパンツをあわせて、こなれた雰囲気に。

ストライプ柄シャツ×タイトスカート

ストライプシャツとスカートのコーデ
羽織りにもなり、気温の変化に対応できる長袖のシャツを使ったコーデ。シャツがゆったりしている分、スカートはタイトシルエットを選んでバランスをとると良いでしょう。

シアージャケット×ワイドパンツ

シアージャケットとワイドパンツのコーデ
ノースリーブのタンクトップに、薄手のシアージャケットをレイヤード。ワイドパンツとジャケットをネイビーで揃えて、セットアップ風の着こなしを意識しました。

シアーシャツ×ワンピース

シアーシャツとワンピースのコーデ
ナチュラルな色味で統一したワントーンコーデ。フェイクレザーのワンピースがさり気なく季節感を演出しています。シアーシャツを羽織りにすると、軽やかでフェミニンな印象に。

ブラウス×ワイドパンツ

8分袖ブラウスを着た女性
小さなリボンが全体にあしらわれたブラウスに、センタープレス入りのワイドパンツをあわせた、きれいめなフェミニンコーデ。ブラウスは8分丈なので、暑さが残る10月上旬でも快適に着られます。

10月中旬におすすめの服装

気温が下がり始める10月中旬は、厚すぎず薄すぎないアイテムを取り入れるのがおすすめ。ライトアウターや長袖トップスが使いやすいでしょう。

シャツ×プリントTシャツ

ミリタリーシャツとプリントTシャツのコーデ
長袖のプリントTシャツに、オリーブ色のミリタリーシャツを羽織ったカジュアルコーデ。しっかりとした生地のシャツは、10月中旬のライトアウターとしても使いやすいアイテムです。シャツのグリーンとパンツのイエローが秋らしさを感じさせます。

スウェット×チェック柄スカート

白のスウェットを着た女性
肌寒い日が増える10月中旬に活躍するスウェットを使ったコーデ。スウェットの白がチェック柄のスカートを引き立たせて、華やかな装いに。首・手首・足首の「3首」を見せて、軽やかさを出しているのもポイントです。

ニットカーディガン×テーパードパンツ

ノーカラーカーディガンを着た女性
ツイードライクな素材感のニットカーディガンにテーパードパンツをあわせた、秋のきれいめコーデ。カーディガンはネイビー、パンツは白、小物類は黒と、シックなカラーでまとめました。厚手のカーディガンは防寒対策に役立ちます。

テーラードジャケット×ワンピース

テーラードジャケットを着た女性
フェイクレザーのワンピースにテーラードジャケットを羽織った、秋らしいコーデ。黒のワンピースから覗くピンクのインナーが差し色として活躍します。日中はワンピース一枚で、冷え込む朝晩はジャケットで寒さ対策を。

ショート丈シャツ×ロングスカート

ショート丈シャツを羽織った着こなし
ショート丈シャツとロングスカートのセットアップコーデ。どこかレトロ感のある柄がクラシカルな印象を与えます。インナーにノースリーブニットや薄手のトップスを選べばシャツの着脱で温度調整ができて、気温の変化が激しい時期にも対応できます。

10月下旬におすすめの服装

冷え込みを感じやすくなる10月下旬からは、秋冬のアウターを取り入れるのがおすすめ。厚手のアウターを着るときはインナーを薄手にしてバランスをとりましょう。

ボーダー柄ニット×ショート丈ベスト

ニットとベストのレイヤードコーデ
秋冬コーデに重宝するニットも、この時期から取り入れやすくなります。「厚手のアウターはまだ暑そう…」というときは、ベストをレイヤードしてみましょう。フィット感のあるニットを選ぶとすっきりと着こなせます。

ブルゾン×デニムパンツ

ブルゾンとデニムパンツのコーデ
コンパクトなサイズ感のブルゾンを使った着こなし。ボタンを閉めて着ると、よりすっきりとした印象になります。ボリュームのあるワイドシルエットのデニムパンツをあわせても、バランス良くまとまっています。

レザージャケット×リボンTシャツ

ライダースジャケットを羽織ったコーデ
クールな印象のレザージャケットを羽織ったモノトーンコーデ。しっかり防寒できるので、肌寒い10月下旬の服装におすすめです。メンズライクなコーデですが、リボンがあしらわれたTシャツをインナーにすることでフェミニンな要素をプラスしています。

ボアコート×サスペンダーパンツ

ボアコートを羽織ったコーデ
ボアコートを使った暖かな着こなし。ベロアTシャツにサスペンダーパンツをあわせているので、コートを脱いでもおしゃれです。全体的にダークカラーの割合が多いですが、バッグのカラーがアクセントになって華やかな印象を与えます。

ミドル丈コート×ブラウス

リバーコートを羽織ったコーデ
ウールとカシミヤ原料をブレンドした、リバー素材のコートを使った秋冬コーデ。ミドル丈のコートはどんなボトムスにもあわせやすい一着です。コートとインナーのブラウス、ショート丈のボトムスはダークカラーですが、白のブーツをあわせて軽やかな印象に仕上げました。

10月の服装は長袖やアウターを活用して

季節の変わり目である10月の服装は、気温の変化に対応できるものを選ぶのがポイント。上旬は夏のアイテムも着回しつつ、中旬、下旬と気温が下がり始めたら、長袖やアウターを取り入れると良いでしょう。ここで紹介したポイントを参考に、10月の気候にあわせたコーデを楽しんでくださいね。
UAコラム「読みもの」 編集部

UAコラム「読みもの」 編集部

ユナイテッドアローズが運営する、ファッションやライフスタイルにまつわる情報を発信していくオンラインメディア「UAコラム」。
毎日のスタイリングやお買い物に役立つアイデアをご紹介しています。

92 件