気温25度の服装|最高気温/最低気温別のおすすめコーデと服装のコツを解説

気温25度の服装|最高気温/最低気温別のおすすめコーデと服装のコツを解説


気温25度の服装選びのポイントを始め、おすすめアイテムと着こなし方、気温別のおすすめコーデ例を紹介します。25度前後は季節の変わり目の目安となる気温。25度の日は朝晩の気温の変化が激しいので、服装選びはいつもより慎重になる必要があります。

INDEX

※掲載している商品のなかには、販売終了によりご購入いただけない場合がございます。予めご了承ください。

気温25度はどんな時期?

一口に気温25度といっても最高気温か最低気温かによって大きく異なります。

最高気温25度

最高気温が25度を上回ると「夏日」と呼ばれます。最高気温が25度の日は、春から梅雨の時期にかけた4月中旬〜6月中旬や、暑さがまだ残る、夏の終わりから秋に差し掛かる9月頃の気温が目安になります。特に日中は暑いと感じることが多いでしょう。しかし朝晩はひんやりと涼しいこともあり、1日の中でも温度差が激しいのが特徴です。

最低気温25度

最低気温が25度の日は、真夏の時期である7月から8月頃にあたります。朝晩が25度程度で過ごしやすい気温ですが、日中は30度を超える猛暑時期のため暑さ対策をしっかりと行うことが大切です。また、室内は冷房が効いて寒く感じることもあるため、屋内と屋外の気温差に対応できるよう準備しておきましょう。

気温25度の服装選びのコツ|最高気温・最低気温25度でどう違う?

気温ごとのアイテム一覧
気温25度の服装選びは、最高気温と最低気温とでポイントが異なります。気温の違いや寒暖差などを意識した服装選びのポイントを紹介します。

最高気温25度の服装選びのコツ

■基本的に半袖でOK
最高気温が25度の場合、日中に25度程度になるため、晴れているとかなり暑く感じることも。基本的にトップスは半袖がおすすめです。
■朝晩は涼しいので、羽織りを持っておくと安心
気温25度の日における1番の注意点は気温差です。特に、最高気温が25度の日は朝晩の気温差が激しいので要注意。薄手の羽織り物を1枚用意しておきましょう。

最低気温25度の服装選びのコツ

■涼感素材を選んで過ごしやすく
1日を通して暖かく、真夏の陽気にもなる最低気温25度の日は、汗もかくため服の通気性なども気になるところ。リネンやコットンなど、涼しい素材の服を選ぶと過ごしやすくなるのでおすすめです。
■日焼け対策のアイテムも忘れずに
日差しが強く、日焼けが気になる最低気温25度の時期。日焼けをしないように、帽子や日傘で対策をしておきましょう。
■冷房対策に羽織り物も持ち歩こう
この時期になると半袖1枚で過ごせますが、室内は冷房が効いていて寒く感じることも。室内で過ごす時間が長い日は羽織り物もあると安心です。

最高気温25度のおすすめ服装コーデ

少し肌寒く感じることもある、最高気温25度の日。1日を通した気温の変化も踏まえたコーデづくりがポイントです。朝晩の気温差にも対応できるコーデを紹介します。

シャツジャケットを使ったきれいめカジュアルコーデ

シャツジャケットを着た女性
ティアードワンピースにジャケットをあわせた、大人の雰囲気が漂うきれいめカジュアルコーデ。ジャケットはポリエステル素材かつハーフスリーブなので、昼間に気温が上がっても快適に過ごせます。

カーディガンで寒暖差対策をしたコーデ

マーメイドワンピースを着た女性
ブルーのストライプ柄ワンピースに、イエローのカーディガンを肩掛けしてアクセントを加えたコーデ。肌寒くなったらそのまま羽織れるので、寒暖差対策もばっちり。マーメイドシルエットのワンピースにウエストバッグをあわせて、上下のメリハリを出しているのもポイントです。

オープンカラーシャツが旬な印象を与えるナチュラルコーデ

オープンカラーシャツを着た女性
ショートワイドなサイズ感が旬な印象を与えるオープンカラーシャツを使ったコーデ。上半身をコンパクトにまとめ、ボトムスはワイドパンツでボリュームを出して。モカブラウンとオフホワイトを組みあわせたナチュラルカラーが優しげで、どこかレトロさも感じさせるスタイルです。

スカーフで華やかさをプラスしたコーデ

ボウタイスカーフを巻いた女性
ジャンパースカートとロンTを白でまとめて、小物でアクセントを加えたメリハリのあるコーデ。時計とシューズは黒で引き締め、バッグとスカーフでフェミニンさをプラス。淡いカラーのボウタイスカーフが華やかな印象を与えます。

最低気温25度のおすすめ服装コーデ

最低気温25度の日は暑さを感じやすいので、半袖やノースリーブのアイテムが活躍します。涼しげで、暑さを気にせずに動けるおすすめコーデを紹介します。

定番のブラウスコーデ

ブラウスにスカートをあわせた女性
やわらかなナチュラルカラーのジップブラウスに、タイトシルエットのロングスカートをあわせたきれいめコーデ。ブラウスは半袖の一方、スカートがロング丈なので体が冷えすぎるのを防げます。バッグとサンダルは黒でまとめて、上から下へ色の濃淡をつけています。

フリルカットソーの爽やかコーデ

キャミソールワンピースを着た女性
暑い時期に活躍する袖フリルのカットソーを使ったコーデ。無地のキャミワンピースをあわせることで、シルエットにメリハリを出しています。キャップでアクセントを加えつつ日差し対策も叶えた、お手本スタイルです。

ノースリーブブラウスでヘルシーな肌見せコーデ

タンクトップを着た女性
フロントにあしらわれたリボンがアクセントになったノースリーブブラウスと、タンクトップをレイヤードしたヘルシーな肌見せコーデ。トップスを鮮やかなカラーにしている分、ボトムスは白にしてバランスを調整しています。すっきりと見えるノースリーブは、ワイドパンツのようなゆったりとしたシルエットのボトムスと相性抜群です。

シアーカーディガンでつくる大人のモノトーンコーデ

ティアードワンピースを着た女性
白のティアードワンピースを主役にしたモノトーンコーデ。華やかなワンピースと黒のアイテムの組みあわせがシックな印象を与えます。シアー素材のカーディガンは、ノースリーブだけでは少し肌寒い場合に大活躍。冷えの対策になりつつも、透け感のある素材で適度な涼しさもキープできます。

気温25度の服装におすすめのアイテム

気温25度の日で困るのが気温差です。羽織り物があった方が良いとは分かりつつも、持ち運びが面倒に感じることもあるのではないでしょうか。そんな人に向けて、コンパクトにまとまりつつおしゃれにも見えるお役立ちアイテムを紹介します。

カーディガンを肩に巻いて抜け感を

ティアードスカートをはいた女性
カーディガンは持ち運びしやすく、何にでも合う優秀なアイテム。定番なだけに、普通に袖を通すだけではいつも同じ印象になりがちです。そこでおすすめなのが袖を通さずに肩に巻くスタイル。荷物にもならず、コーデに抜け感が出せます。

気合を入れたい日はジャケットをプラス

ジャケットはかさばるイメージがあるかもしれませんが、薄くて軽めのものを選べば持ち運びがしやすくなります。羽織るだけでさまになり、仕事の日にも気合いの入ったお出かけにも着回しできるので、一着持っておくと便利です。シルエットにこだわれば、ボディラインをすっきり見せられます。

機能性も兼ね備えたシャツスタイル

オーバーシャツを着た女性
黒のブラウスを着た女性
半袖やノースリーブのトップスの上にシャツを羽織ると、一気にこなれ感がアップ。ジャケットだと肩がこる人も、薄手のシャツなら窮屈さがなくて動きやすいはず。暑くなってきたらシャツを脱いで腰に巻くと、邪魔にならない上にスタイルにメリハリを出せます。

ストール・スカーフで華やかさとフェミニンさをプラス

スカーフを巻いた女性
ストールを巻いた女性
ストールやスカーフは、コーデに華やかさとフェミニンな要素をプラスしたいときに役立つアイテム。落ち着いた色味だとカジュアルなスタイルにもあわせられます。

気温25度の日は「最高」「最低」にあわせた服装選びを

気温25度の日の服装選びでは、最高気温であれば朝晩の寒暖差対策が、最低気温なら暑さ対策が必要です。どちらの場合も羽織り物があると気温差に対応できます。どんなシーンでも使える万能アイテムを、この機会に揃えてみてはいかがでしょうか。
UAコラム「読みもの」編集部

UAコラム「読みもの」編集部

ユナイテッドアローズが運営する、ファッションやライフスタイルにまつわる情報を発信していくオンラインメディア「UAコラム」。
毎日のスタイリングやお買い物に役立つアイデアをご紹介しています。

78 件